アクアリウム

テトラの水槽の評判は?おすすめ水槽セット!

tetraの水槽おすすめ写真

熱帯魚や、金魚、メダカなどを飼う時に水槽が必要になってくると思います。

その時に水槽で飼育するために水槽を買おうと思って見てみたものの、結局どのサイズが良かったりするんだろうか?

簡単にできる水槽はどれなのだろうかとか思ったりしたことはありませんですか?

今回は水槽メーカーの中でもテトラの製品を紹介していきたいと思います。

テトラ(Tetra)とはドイツに本社を置くアクアリウム用品のメーカー及びそのブランド名。世界各地に進出し日本にもテトラジャパン株式会社として進出している(かつては買収元のワーナー・ランバート(現ファイザー)が日本法人(ワーナー・ランバート)のアクアリウム部門(テトラ・ベルケ)として展開)。 2013年12月1日に、テトラジャパン株式会社はペット用品拡充を図るために企業内再編を実施し、社名を「スペクトラムズブランドジャパン」に社名変更した。「Tetra」は観賞魚部門のブランドとして継続発売される。

出典:ウィキペディア

テトラの水槽の選び方とポイント

水槽選ぶにあたってどのくらい水槽が水漏れをせずに持つかというのをご存知でしょうか?

それともずっと使用できたりするのではないかと考えていたりはしませんか?

水槽は環境によって別れますがだいたい水槽の寿命は8年から10年ぐらいだと言われています。

ちなみに僕が未だに長く使い続けているのは14年前に買ったテトラの水槽が未だに現役で稼働していたりします。

しかしデザイン性や安全性を考えるのならば、10年以内と考えておいた方がいいかもしれません。

少し10年前ぐらいまではフレームがないオールガラス水槽などはほとんど売ってなかったですし、これから先もデザイン性の高い水槽が出てくると思うので、水漏れをする前に新しく買い換えてしまった方がいいと思います。

水槽大きさについて

水槽で魚を飼うために必要なのは水槽の大きさだと断言できます。

これは魚の大きさにもよりますがメダカなどやグッピーなどでしたら小さいのでも買うことはできます。

ただし水槽が小さくなると気温の変化に応じて水温の変化も激しくなります。

これが水槽が大きい場合水温が例え低くなったとしても、水温の変化は気温と違い緩やかに変化していきます。

魚たちは水温の変化に敏感です。

そのためできるなら自分のお財布と相談してできるだけ大きな水槽を買ってあげてください

ちなみにメダカは水温の変化が激しくても意外と丈夫です。

メダカの生存できる水温は2度から38度までと言われています。

正直30度を超えるような水温は望ましくありませんが、それぐらい強いということです。

そのためメダカは小型の水槽でも飼うことができます。

手軽にはじめられるテトラの水槽セット

テトラ 静かなメダカ飼育セット

ちっちゃいスペースにどうしてもメダカや金魚などを買いたいと思う方にお勧めするのがこの静かなメダカ飼育セットになります。

水の温度の変化なども激しいため環境の変化の少ないダイニングなどに置くのがおすすめ!

繁殖はできませんが、鑑賞するだけならこのぐらいはいいかもしれませんね!

ただ大きさゆえにあまり多くのめだかを入れられません。

水槽の大きさに対してメダカの量が気になる方はこちらの記事参照してください

メダカが30cm、60cm水槽や睡蓮鉢など何匹入るか?メダカを飼い始めると、繁殖などをしてかなりの数が増えてくると思います。しかし増やしすぎてポツポツと死んでしまった・・・なんて話も少なくあ...

テトラ (Tetra) テトラ 静かな金魚飼育セット SF-17GF

ダイニングなどのちょっとしたところに置くのならこの水槽がおすすめです。

ただし!金魚は小さいので2匹、大きいのは1匹ぐらいしか入りません

画像には3匹写ってますがこれに3匹はきつすぎます。

もう増えるつもりがないならこれでもいいですが、よければ下の30cm水槽ぐらいにしてみたらいかがですか?

曲げガラス水槽!テトラ ラウンド グラスアクアリウム LEDライト

メダカ・熱帯魚・金魚 OK
少し普通の水槽と違うのがいいなと思う方がいたらこれがおすすめ!

曲げガラス水槽で前面に遮るものがないのでとても見渡しやすい水槽です。

ただし曲げガラスは注意が必要です!曲がってる部分はシリコンでくっつけてる水槽よりも衝撃に弱いので気をつけてくださいね!

ledライトや掛け型フィルターも付いているので初心者にはうってつけな水槽です。
熱帯魚を飼うならこれにヒーターを入れれば完璧です

お手軽にはじめるならこれ!テトラ クリスタルアクアリウム LEDライト&ヒーター付セット

メダカ、熱帯魚向き
この水槽の特徴は、値段がお手軽にも関わらずフィルターと ledライトが付いている点です。

水槽の奥行きが小さいために体が大きくなる金魚にはお勧めできませんが、小型のめだかや熱帯魚には、気軽に始められると思います

おそらくホームセンターでこの大きさとセットのものを買うなら1万円を超えてくると思いますが大体半額ぐらいで手に入れることができると思います。

これは好き好きで、別れると思うのですが周りのコーティングしてあるシリコンがブラックコーティングでありよりスタイリッシュさが増していると思います。

あらゆる魚達に最高!VXフィルターセット GA-60VX

すべての魚達におすすめ

魚たちには取って何が一番大事だと思いますか?それはできるだけ広いスペースでの環境だと私は思います。

この水槽ならメダカも金魚も、熱帯魚でも飼えます。

そして初心者向きで、なおかつ安く、とても綺麗な水槽を作りたい!そんな水槽を求めている人にとっては最高シリーズの水槽ではないでしょうか?

水槽の特徴としてはオールガラス水槽で透明なシリコンコーティング、そのため とてもクリアな視界が広がります

それでいて水槽の上に乗っけることなく使用できる外部フィルターが付いていてこの値段は昔では考えられませんでした

15年前ぐらいにこれを買おうとすると3万円ぐらいしたでしょうか? とても安くなったので気軽に買える値段なのでおすすめです。

テトラの水槽どれがいいの?魚種別におすすめしたい水槽セット!まとめ

同じテトラの会社でも様々な水槽があったと思います。

曲げガラスなどはとても綺麗でいいですが曲げてある部分が衝撃に弱かったりするので注意が必要です。

僕がおすすめするならばオールガラス水槽の VX フィルターセットでありますが、ある意味こだわりのある玄人向けとも言えるかもしれません。

まずは45センチ水槽ぐらいなどから始めても良いでしょう。

自分も45cm水槽から始め、60cm水槽、現在のメイン水槽は90cm水槽を愛用しています。

そのためだんだん大きくしていくのも楽しみがあってよかったとも思ってます。

家に水槽があるととても癒しの空間が生まれます。是非とも楽しいアクアライフを探していってください。

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です