メダカ

メダカが30cm、60cm水槽や睡蓮鉢など何匹入るか?

メダカを飼い始めると、繁殖などをしてかなりの数が増えてくると思います。しかし増やしすぎてポツポツと死んでしまった・・・なんて話も少なくありません。

今回は睡蓮鉢や、水槽にメダカはどのくらい入るかという話をしていきます。

結論から言ってしまうと「1リットルに1匹」これ以上はやめておいた方が無難だということです。この限界に近づけば近づくほど繁殖は困難になることは間違いないので覚えておきましょう。

では、繁殖する適した数は?などの解説をしていきます。

メダカ

水槽に飼育できるメダカの数は水量で決まる!

やはり水槽でメダカを泳がせるならたくさん泳がせたいと思うものです。

例えば60cm水槽でメダカを100匹を飼育したいとそれは可能なのか?
結論から言えば可能と言えます。

60cm水槽でメダカを50匹、100匹飼うことは可能だが・・・

これはあくまでも 飼育できるという話であって、しかも大規模なろ過システムが必要になってきます。

しかもメダカをこんなにも大量に入れておくことは繁殖が不可能になってしまうでしょう。

まず、産んだ卵がすぐ他のメダカに食べられてしまうからです。

メダカが病気になってしまったり、メダカの死ぬ要因にもなりかねません。

 

水量から見るメダカの繁殖する上での適正数

僕が魚を飼う頃から言われていた計算の仕方があります。

1cm魚につき1リットルの水がいるという計算です。

これを計算式で表すと

水量÷メダカの体長=飼えるメダカの数

になります。

例えばメダカの体長が3cmだとして、60cmの標準水槽が56Lなのでその水槽で飼うのであれば

56÷3=18~19匹

になります。

実際入れてみるとかなり寂しい感じになりますがこれが、メダカの適正数です。

なので、実際に飼育したりメダカの繁殖をしたりする場合に大量にメダカを入れてしまうと繁殖しないばかりでなく、最悪の場合水が汚れてしまいメダカがなくなってしまうこともあるので気をつけてください。

メダカの寿命、屋外の天敵による死因と対策大事に育ててたメダカにも最後はやってきます。メダカの寿命ってどのくらいだろう?なんて思うことがあるでしょう。痩せてきたり突然死などが起こ...

実際にメダカのを飼っていて問題が無かった匹数

しかし、僕は普通に飼っていて、メダカの稚魚が一斉にどんどん大きくなり、60Lの水槽で50匹ぐらいになったこともあります。

13リットルのバケツで赤玉土を2cmくらい入れた状態で20匹くらい飼っていた事もあります。それでも全然死にませんでした。もちろん繁殖はできませんでしたが(笑)

こういう時どうすればいいのかと言うと別の容器に入れるのが一番望ましいですが、スペース等の関係で不可能な場合もあると思います。

あまりお勧めしませんがそのまま飼っていてもいても大丈夫なことが多かったです。

熱帯魚などでもそうですが、しばらく飼っているとこの水槽ならこのくらいは飼えるというのがだんだんわかってくると思います。

これはその人の水槽やろ過システムによりけりなので何とも言えませんが、ろ過システムがいい環境ならばある程度の数は大丈夫だと思います。

もしスペースがあるなら庭にたらいでも置いてメダカを飼ってあげてもいいかもしれません。

メダカ
メダカの赤玉土の使い方、掃除や交換、熱湯かけるの?「メダカを飼う時に赤玉土を使うといいよ!」という話を聞いた事がありますでしょうか? 初めて飼う人にとっては何故と思うことでしょう。 ...

メダカを大量に入れておくと個性が出ないことがある。

60Lで50匹等飼っていたことがありましたが、一つ問題が起こりました。

それはメダカの個性が出なかったということです。

特に三色メダカなどの多色系統は、特に個性が出にくく、それからというもののゆとりを持たせて飼育することにより綺麗な三色を出すことに成功しました

もし繁殖をして良い色を出すと考えてる場合には大量に同じ容器などで入れるのはやめていたほうが得策だと警告しておきます。

まとめ

初めのうちはメダカを何匹飼えるのか分からないと思いますが、暫く飼育をしていたらそのうちわかってくると思います。

まずはその環境でしっかりとしたメダカ飼育の経験を積み、自信をもって飼育できるようになったら少しずつ数を増やしていくといいでしょう。

正しいメダカの飼い方を勉強してしっかりメダカを可愛がってください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です